山とミニマリズム

mountain & minimalism

日本のスポーツ人口を政府統計から表にしてみた(2016年版)


興味本位で政府統計から調べてみた。

社会生活基本調査

今回調べた社会生活基本調査は5年おきに実施される社会生活基本調査というもので10歳以上の人がデータの対象のようです。e-Stat(政府統計の総合窓口)から入手して、ちょいちょいとエクセルで加工してペターっと貼り付けました。
なにはともあれ日本で行われているスポーツはこんな状況でした。

日本のスポーツ人口

スポーツの種類 数(千人) 割合
総数 77977 100.0%
1 ウォーキング・軽い体操 46821 60.0%
2 器具を使ったトレーニン 16672 21.4%
3 ボウリング 14334 18.4%
4 ジョギング・マラソン 13667 17.5%
5 水泳 12430 15.9%
6 登山・ハイキング 11346 14.6%
7 つり 9814 12.6%
8 サイクリング 8934 11.5%
9 ゴルフ(練習場を含む) 8900 11.4%
10 野球(キャッチボールを含む) 8143 10.4%
11 卓球 7664 9.8%
12 バドミントン 7559 9.7%
13 その他 7176 9.2%
14 サッカー(フットサルを含む) 6770 8.7%
15 スキー・スノーボード 6089 7.8%
16 テニス 5625 7.2%
17 バレーボール 5136 6.6%
18 バスケットボール 4864 6.2%
19 ソフトボール 3017 3.9%
20 ゲートボール 831 1.1%
21 剣道 692 0.9%
22 柔道 652 0.8%
データソース
統計名:平成28年社会生活基本調査 調査票Aに基づく結果 生活行動に関する結果 生活行動編(全国) スポーツ
表番号:14-1
表題:男女,ふだんの健康状態,頻度,年齢,スポーツの種類別行動者数(10歳以上)-全国
実施年月:2016年

1位は60%の割合で圧倒的に多かった「ウォーキング・軽い体操」、ポケモンGOは流行るべくして流行ったのか、そりゃやる人多いわみたいな感じです。

2位は「器具を使ったトレーニング」。ってこれはジムかなんかで体を動かすといことでしょうか?この辺の定義はよくわからないし回答者の主観もあるのでなんともいえません。

3位は「ボウリング」。これがよくわからない、ジムはいたるところにありますが、ボウリング場てそんなにあるかな?
まぁいいです。

普段からプロスポーツとしてなじみあるものは
9位ゴルフ、10位野球、サッカーはさらにその下14位になります。
大坂なおみ選手の活躍で盛り上がるテニスは16位。ワールドカップが予定されているラグビーにいたっては圏外です。
やっぱり競技強度が強く選手寿命が短めのスポーツはこういう統計では不利ですかね。
好きなスポーツランキングなら全然違うならびになるでしょうが…

そしてこのブログのテーマのひとつである登山は並み居る人気スポーツを抑えて堂々の6位。
その数推定約1134万人。実に日本人の約10人に1人が登山またはハイキングを楽しんでいるようです。

一方もうひとつのテーマであるボルダリング(クライミング)はこのデータからは
推定不能。いつも通りに全知全能のグーグル神で調べたところ東大卒の頭脳派ロッククライマーであるmickipediaさんに推定人口の検証がなされていました。(やっぱり頭いい人は違うね、すごい)
mickipediaさんによるとのクライミングの推定人口は約50万人になるようなので、今回のランキングに合わせみると柔道や剣道のちょっと下あたりになるので25位ぐらいですかね。
ジムの数をベースに推定されているので、ジムが増え、日本人選手の活躍が日々伝えられるようになった今はもっと競技人口は増えていると思います。

まとめ(まとまってない)

今日はe-Stat(政府統計の総合窓口)を使ったみたかったのが大きな動機でこんな記事を書きました。
便利な世の中で加工が必要なければスマホでもサクッとビッグデータにアクセスしていろんなことを調べることができます。
平均身長などはもちろん年収やら貯蓄やら様々なデータがありますのでご興味のある人はのぞいてみると面白いです。



最後に
登山はスポーツです、以上。



プライバシーポリシー