山とミニマリズム

mountain & minimalism

俺たちのB’z 勝手にトップ10 シャウト系

WiMAX/WiMAX 2+/LTE!!ライフスタイルにあわせて選べる高速通信。

f:id:tsurutate:20181028010950p:plain
こめづげんすいてダレ?
俺たちの青春の隣にはいつもB'zがいた、
そうだよな、
たぶん…



アラフォーにはわかってもらえるはずさと勝手に盛り上がっているtsurutateです。


最近の音楽シーンはミリオンヒット(死語ですか?)が生まれにくいという記事はどこかで見たことがありますが、その年を代表する曲がイメージしづらくなっているという実感はすごくあります。


カバー曲ばかり耳にする時期が続いたりAKB48など企画バンドがヒットを飛ばしまくりしているのもどこかナナメから見ていました。


あっ、でもAKB48恋するフォーチュンクッキー」とかなんか好きですよ。


iTunesが当たり前になってからはTUTAYAにCDをレンタルしにいくこともなくなってしまい。
オリジナルベストとか、俺ベストみたいな編集をすることもなくなりました。


まあね、こんなランキング山ほど人が作っているのを承知で今回やってみたわけですが、許してやってください。見てやってください。


このあと紹介する曲以外にも恋心とかoneとか光芒とか消えない虹とかシングルカットされてない曲にもまだまた名曲もあるんですが(いくらでもでてきますぜ)、B'zっていえばシャウトでロックロールでしょ!ということで管理人の独断と偏見でB'zを紹介させていただきます。


ランキングではなく全てオススメのトップ10になっています、順番に意味はありませんので悪しからず。


オマエにいわれんでも全部知ってるわという人は選曲みて批評するもよし、知らない人は今こそ日本音楽会のレジェンドの魂に触れてみよう。


前置きが長くなったけどウザいとか言わない!

誰になんと言われようとB'zは俺たちアラフォーの青春。キモイとか言われても受け付けません。そしてイキナリ見所から始まるのでボリューム注意です!

ではでは



B'zの









B'zの










B'zのLIVE GYMへようこそ!


It's Showtime!



ZERO/RUN


ZERO B z LIVE GYM Pleasure 2008 GLORY DAYS

もうね、管理人の中でB'zって言ったらこの曲。誰がなんと言おうとこれがNo1。永遠のマイフェイバリットソング。(いきなり企画無視のランキング風)


シャウト、アウトコーラスまで完璧に息をするかのごとくコピーしてカラオケで歌いまくりでしたね。


電動ドリルでギターをかき鳴らすTAC松本、まだ声の若さが残る稲葉ボーカル。今も色あせない普遍的な歌詞。最強。

ラップの歌詞置いときますので歌ってどうぞ。

人のすることに文句ばかりつける
のんき女だきゃ避けて通りたいけど
自分だって悩める人の心情を理解した気で
余裕シャクシャク
鏡を覗いてみりゃ昔と変わらん
same ol'(セモール)田舎モン
ヘイ!冷や汗かき
踊ってる 踊ってる
おかしいねー Ha ha ha ha…

ultra soul/green


ultra soul B z LIVE GYM Pleasure 2008 GLORY DAYS
個人的にはB'zの前期と後期を繋ぐ橋渡し的な存在の曲だと思っています。


B'zの昔の曲は知らなくてもこの曲は好き嫌いに関わらずみんなが知っている曲。某所でネタにもなっていますが、みんなが知っているという意味で選びました。


シャウトな意味では他の曲に激しさは譲りますが、オーラスの盛り上がりは一番。
カラオケでもみんなが楽しく、元気が出る、そんな名曲。

ギリギリChop/Brotherfood


B’z ギリギリchop live
個人的にB'z全盛期と思っているBrotherhoodから選曲。実は名探偵コナンのテーマ曲で、カラオケでは曲の激しさにもかかわらず、なぜか画面にはコナンくんという違和感ありありの曲。


B'z史上最速、最高音に近く歌うのは至難の技。大学時代にはこれを歌って散っていく知人をたくさんみてきました。


ノリノリ、アゲアゲでスーパーな二人のビートが堪能できる名曲。

Don't Leave Me/the 7th blues


B'z「Don'tLeaveMe」 LIVE-GYM PLEASURE95
いわゆる暗黒期といわれているthe 7th blues時代の曲ですが、なんのなんのVTRを最後までみていただければわかりますがスーパーシャウトで圧巻のオーラス。鳥肌もんですな。

Liar!Liar! /survive


B'z Live-GYM'99 "Brotherhood" Liar!Liar!
この曲からだと記憶していますが、この曲以降とにかくカラオケ男子殺しの高度なハイトーンボイスを必要とする高難度の曲を数多く生み出していきます。


Liar!Liar!以前の曲は音域は高いにせよたぶん歌いやすい曲が多いです。これ以降の曲は歌い手をかなり選ぶと思います。
歌えると、超気持ちいいー(北島風

HOT FASHION/risky


B'z HOT FASHION 流行過多
歌詞がバブル、時代ですな。当時はその景気の良さなんて実感もできないクソガキでした。
息継ぎ困難、窒息注意。

快楽の部屋/IN THE LIFE


B'z「快楽の部屋」 LIVE GYM Pleasure'93 JAP THE RIPPER
バブル末期の1991年。名曲ALONEを含むIN THE LIFEから選曲。若い人はきっと知らない。知っていると年がバレるかな…。


歌うコスチュームも独特。それはそれ。
シャウトと勢いが稲葉まじハンパないって(大迫風)

MOTEL


B'z MOTEL (LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”)
バラードでシャウトなんてって思いますよね。最後のサビあとのオーラスのカッコいいこと(またも語集の欠乏)


カラオケでカッコよく歌い上げて、自分に酔いしれみんなにひかれてください。


こちらも歌いたくなったという人は()のところをどうぞ。

Uh It's a cruel world (can't you see)
Uh We can't get away (We can't get away)
tell me baby what it takes (tell me what it takes with a pain)
where are we going (Ah It's my pain)
Uh It's a cruel world (can't you see)
Uh We can't get away (we can't get away)
tell me baby what it takes (Uh tell me baby tell me what it takes)

銀の翼で翔べ/Brotherfood


BzliveGYM2001ELEVEN「銀の翼で飛べ」
これはイチオシの一曲。BrotherhoodとRUNが個人的なベストALBUMの双璧で、そのBrotherhoodからの選曲になります。


この歌を歌ってみるとわかりますがサビの気持ちよさはB'zの中でも屈指。歌えばわかります。(ただ声帯が壊れてもいい人に限る)

Calling/survive


B'z「Calling」
伝説の放送事故。
ミュージックステーション史上最高のステージとして記憶されています。
この日、稲葉さんは喉の調子がよくないのか若干かすれた声なんですが、無理やり歌詞を歌い上げ、そしてオーラスではもうバラードであったことすら忘れてしまいます。

必聴。





いかがでしたでしょうか?


あの曲が入っていないじゃねーかとか色々ご意見あるとは思いますが、(絶対あると思う…)
そこらへんにいるアラフォー男の戯言だと、皆様の大きな心で包んで許してあげてください。

それでは今日はこの辺で

せーの













オツカレーーー!





B'zが気になってきた方にはコレをオススメ
ライブビデオはこれがベスト!
オープニングからギリギリchop→F・E・A・R→Liar!Liar!とB'z節全開のセットリスト、同じことをカラオケでやったらそこで試合終了です。

プライバシーポリシー