山とミニマリズム

mountain & minimalism

有馬記念 2018 平成最後の大勝負(レース回顧)

ええい、有馬記念の池添は化け物か!
歴史をつくるのは老人ではない。

image:JRA


平成最後の有馬記念。皆さま結果はいかがでしたでしょうか?私は予想をご覧頂いた人はおわかりかと思いますが…















本線はミッキーロケットとレイデオロのワイドだったので最期の最後まで大絶叫だった訳ですが、結果はレイデオロ2着、ミッキーロケット4着で見事に撃墜。


回顧

f:id:tsurutate:20181228130610p:plain
1着は池添ジョッキー騎乗の3歳馬ブラストワンピース、好位追走から直線早々にキセキを交わし後続から粘り切りました。

勝因ですが結果として雨が降り稍重馬場となったことで今年は内枠より外枠に恩恵がありました。特に真ん中8番より外に利があったと言えるでしょう。


レイデオロも有馬を勝つにはもうひとつ前、つまりブラストワンピースがいたポジションにつけたかったと思いますが、これがわずかですが8番と12番の枠の差です。
最後の伸びは斤量の影響もあるでしょう。


シュヴァルグランは年齢とJC組ということで軽視しましたが、これはレイデオロの後からついてきただけということで地力は見せましたが勝ちにいったレースには見えませんでした。


一方私の本命馬ミッキーロケットはキセキを捕まえにいって最後につかまってしまい4着でしたがほぼ完璧なレース。ベストポジションでレースを進めましたが自らキセキを捕まえに行き最後に脚が鈍りました。
ただ勝つという意味ではこれしかないという騎乗で馬券を買った人も悔いなしではないでしょうか。(やはり某ジョッキーは…)


キセキも強かったです。川田騎手は逃げてスタミナを生かす、これも勝ちを意識した素晴らしい騎乗でしたが、今年は枠順にツキがありませんでした。


今年の有馬記念はスタート直後から見応え抜群。オジュウチョウサンが好発から先手を主張しますが外からミッキーロケット、少し後手を踏みましたがキセキがさらに外からきます。
ミッキーロケットのマーフィー騎手も簡単にはキセキを中にいれません。池添騎手はこの先手争いのすぐ後ろでしっかりとポジションを取っていました。

この序盤の攻防こそが今年の有馬記念のハイライト。皆さまももう一度この激しい序盤のポジション争いをリプレイをお楽しみ下さい。

平成の有馬記念はこれで終わりですが、有馬記念は来年も続きます。そのレースで勝つためにまた1年頑張りましょう。

来年の有馬記念に向けて

(クリなんとかに乗っていたひとはやっぱりというか、馬券を買った人を納得させる騎乗ではないです。)




では皆さまよいクリスマスを!

プライバシーポリシー