山とミニマリズム

mountain & minimalism

有馬記念 2018 平成最後の大勝負 考察4(前走およびリンクレース)

f:id:tsurutate:20181211231618j:plain
毎年胸の高鳴る12月の第4週、みなさまご予定はいかがでしょうか?今年の有馬記念は12月23日クリスマスイヴイヴです。お金を使い果たして家族や彼女の恨みをかわないように。

今回は有馬記念出走馬の前走や有馬記念に強くリンクするレースを振り返ってみていきます。

ジャパンC

f:id:tsurutate:20181214173554p:plain:w480
まずはもっとも今回の出走馬の数が多いジャパンCをみていきます。日本最高峰のレースであり、いわゆるクラシックディスタンスのチャピオンを決める重要なレースです。有馬記念での優勝よりもこのレースに重きを置く陣営も多く究極の仕上げで競走馬たちも出走しており、有馬記念では余力がなくなって惨敗という歴史も多々あります。ただし有馬記念の勝ち馬もこのジャパンCをステップに買っている馬もたくさんいます。

今年の勝ち馬は牝馬のアーモンドアイでスーパーレコードを叩き出しました、7着のハッピーグリンまでが以前のレコードタイムで駆け抜けており、上位馬は激走のダメージが心配されます。つまり今年はジャパンCに出走した馬の評価は少し下げたいところ。とくに天皇賞から参戦して有馬が秋4戦目になるキセキは心配です。

天皇賞・秋

f:id:tsurutate:20181214172809p:plain:w480
2番人気のレイデオロが1番人気のスワーヴリチャードとの対決に勝ちダービーに続いてGⅠ2勝目をあげました。2着のサングレーザーはマイル以下に実績がある馬でスピードよりの決着だったと考えられます。出走予定のキセキは3着、ミッキーロケットは5着、マカヒキは7着となっています。

レイデオロジャパンCを回避して有馬記念にマトを絞ってきた印象で臨戦過程に抜かりなしといったところでしょう。おなじくミッキーロケットやマカヒキも秋3戦目で有馬記念を迎えこちらも準備万端。

宝塚記念

f:id:tsurutate:20181214172826p:plain:w480
注目のミッキーロケットが勝利。有馬記念宝塚記念は好走するタイプが似ており、上位陣には期待です。出走予定馬の成績はサトノダイヤモンド6着、キセキ8着、パフォーマプロミス9着となっています。

春のグランプリも有馬記念同様の非根幹距離2,200mのレースで余力や適性、キャラ的には悲願成就が似合う馬が勝利する傾向がありますが今年はどうでしょうか。

勝ったミッキーロケットはこのレースを勝って根幹距離の天皇賞・秋で少し足らずでした。これが適性なのか実力なのか、もうすこし見極めたいところです。

オールカマー

f:id:tsurutate:20181214173430p:plain:w480
中山の非根幹距離2,200mのレースも有馬記念とリンクがあります。1番人気が予想されるレイデオロがしっかりと勝ちきっています。今年はレイデオロは逆らえないのか?

AJCC

f:id:tsurutate:20181214172924p:plain:w480
もうひとつの中山非根幹レース、有馬記念の頃には忘れ去られているレースですがGⅡとレースの格も高く、穴馬はここにいるかも。出走予定のミッキースワローが2着と好走しています。騎手も横山典弘騎手ということで何をしてくるかわからない怖さがあります。

まとめ

  • 人気どころで臨戦過程が気になるのはキセキが秋4戦目になることです。
  • レイデオロは実力、臨戦過程ともに難癖つけがたく、逆らうには勇気が必要。
  • AJCCで上位のミッキースワローは不気味な存在として浮上。
  • そして注目のパフォーマプロミスは可もなく不可もなくといったところ。
  • もう一頭の注目馬ミッキーロケットは天皇賞・秋で敗れたものの前哨戦としてはまずまずではないでしょうか。

まだまだ続きますが決戦当日までお付き合いお願いします。


考察1はこちら
有馬記念 2018 平成最後の大勝負 考察1

考察2はこちら
有馬記念 2018 平成最後の大勝負 考察2(過去データ)

考察3はこちら
有馬記念 2018 平成最後の大勝負 考察3 (オイシン・マーフィー)

考察5はこちら
有馬記念 2018 平成最後の大勝負 考察5(有馬戦士ガンダム)

考察6はこちら
有馬記念 2018 平成最後の大勝負 考察6(オジュウチョウサンの取捨)

考察7はこちら
有馬記念 2018 平成最後の大勝負 考察7(データで無理やり絞り込み)

考察8はこちら
有馬記念 2018 平成最後の大勝負 考察8(有力馬 チェック)

考察9 はこちら
有馬記念 2018 平成最後の大勝負 考察9(枠順と天気)

最終予想はこちら
有馬記念 2018 平成最後の大勝負(最終予想)



有馬記念を振り返る。
Amazon 有馬記念全軌跡―Grand Prix 60th Memorial




プライバシーポリシー