山とミニマリズム

mountain & minimalism

ミニマリストのためのザック考察3 ミステリーランチ スイートピーと3デイアサルトを比較してみた


ミステリーランチ スイートピーとは

f:id:tsurutate:20180929160207j:plain:w320
3dayアサルトCL

スイートピーか3デイアサルトCLか?

似て非なるミステリーランチの2製品。自分なりに考察してみたい。どちらも3ジップシステム(正面にあるY字ファスナーのこと)でパッとみは本当に似ています。
下記はホームページからまとめた比較表です。
製品特徴については掲載されいていないものもありますがどちらもフューチュラヨークシステム(背中のフィッティング調整機能)搭載です。
スイトーピーがスペック上は容量が多く本体重量が軽い。3デイアサルトCLにはサイドウェビングベルトがあり、本国アメリカ製造です。


スペック比較
3day sweet
f:id:tsurutate:20180929155707p:plain:w320
MYSTERY RANCH

3dayアサルトCL

米軍特殊部隊のみならず諸外国の特殊部隊や法務執行機関による採用実績のある3デイアサルトを受け継ぐバーサタイルデイパック。CL(クラシック)の言葉が表すように正面のデイジーチェーンは往年の3 デイアサルトパックと同デザイン。トップリッドポケットのジッパーがウレタンコーティングジッパーに変更や、サイド部分の構造の見直しにより軽量化が図られました。内部もPC/ドキュメントスリーブに変更されデイパックとしてより使いやすくなりました。ミステリーランチの名を世に広めた代表モデルが生まれ変わりました。
MYSTERY RANCH

正面
f:id:tsurutate:20180929163054j:plain:w320
側面
f:id:tsurutate:20180929155713j:plain:w320
背面
f:id:tsurutate:20180929155718j:plain:w320
MYSTERY RANCH

ミステリーランチの看板モデル3デイアサルトのデイパックモデル。細かな違いはありますが最も大きな違いはBVSシステムの有無です。
内部構造もPC/ドキュメントスリーブとなっていることで日常使いを意識。ただしお値段70000円なり。
ミステリーランチファンにはあの3デイアサルトがデイパック仕様ということで検討の余地はありですがそのほかの人にはオススメできません。
いくらミステリーランチが好きといえどBVSシステム搭載で町を歩いていたらさすがにやりすぎかなと…。
そういう意味でこのタウンユースモデルはスリーデイアサルトを街で使いたいひと、ザックはロマンでお金じゃないという人にはマジで即決でオススメします。
耐久性、デザイン、背負い心地、ミステリーランチの誇る数々の技術か詰め込まれたモデルです。
ドヤ顔できます。

アウトドア用品をお得に買うならマウンテンシティECサイト

スイートピー

MYSTERYRANCH ミステリーランチ スイートピーはミステリーランチ独自の3ジップデザインが採用された最初のモデルです。開口部が大変広く全てのギアを素早く簡単に出し入れできます。また、フューチュラヨークシステムでユーザーの背面長に合わせて無段階調整可能で抜群のフィットを実現します。ウエストベルトはサイドにすっきりと収納できるのでベルトが不要な時でも邪魔になりません。
MYSTERY RANCH

正面
f:id:tsurutate:20180929163038j:plain:w320
側面

背面

MYSTERY RANCH

ミステリーランチの顔ともいえる3ジップシステムですが実はスイートピーが最初の搭載モデル 。生地は500Dコーデュラと3デイアサルトでも採用されている頑丈な生地で作られています。シルエットは冒頭から紹介している通りうりふたつ。
フューチュラヨークシステム(背中のフィッティング調整機能)や収納可能なウエストベルトなど仕様もほぼ同じ。
大きな違いは製造場所が本国アメリカなのかベトナムなのかぐらいなんじゃないかと思うぐらい似ています。
外観は上部のマジックテープやサイドのウェビングベルトがありませんが逆にスッキリした印象に見えます。ミステリーランチマニアでもない限りはまぁわからないでしょう。
でもお値段約半額の36000円

スイートピーをオススメする3つの理由

機能性
機能性はご紹介したとおりほぼスリーデイアサルトと同等。

デザイン
デザインもスリーデイアサルトとくらべてすっきりシャープ
とにかくカッコイイ!圧倒的アイデンティ!(私見
人とかぶらない

価格
36,000円ですがスリーデイアサルトの約半額。


ミニマリストの方ならわかると思いますが、捨てまくった先に残るのは自分が本当に好きなモノだけ、断捨離のやましたひでこさん曰く"ご機嫌になれるモノ"であるかに価値基準を置くとどうでしょうか?
確かに少し高い買い物ではありますが圧倒的な丈夫さがウリであり、長く愛用できるモノには間違いありません。
街で多く見かけるグレゴリーやノースフェイス、アークテリクスももちろん素晴らしいザックですが
私は断然ミステリーランチスイートピーをオススメします。


プライバシーポリシー