山とミニマリズム

mountain & minimalism

歩くということ


毎日一万歩。


人間は歩く動物。歩いてこそ人間。
立てなくなった時、そして歩けなくなった時に人間は死を迎えます。脳卒中のリハビリは早ければ翌日から開始されます、病人なのにすぐに叩き起こしてしっかり動いてもらうのです。
なぜか?寝たきりになってしまうと廃用症候群になってしまう可能性が高いからです。

廃用症候群
廃用症候群(はいようしょうこうぐん、英: disuse syndrome)とは、安静状態が長期に渡って続く事によって起こる、さまざまな心身の機能低下等を指す。生活不活発病とも呼ばれる。特に病床で寝たきり状態でいることによって起こる症状が多い。

また、寝たきりや行き過ぎた安静状態が長く続くことによって起こる筋肉や関節などが萎縮すること[1]を廃用性萎縮(はいようせいいしゅく)という。

筋萎縮
関節拘縮
褥瘡(床ずれ)
廃用性骨萎縮(骨粗鬆症
起立性低血圧(立ちくらみ)
精神的合併症
括約筋障害(便秘・尿便失禁)
などが挙げられる。

引用:wikipedia

人として生活するためにはすぐに立ち上がり、自分の体重を自分の足でささえるということが肉体の維持に大切なことなのです。

大げさな導入でしたが、要は毎日歩こうということが言いたいだけです。
山に登る一歩は歩くこと。強く歩ける体さえあれば山は登れます。

ダイエットや健康維持、スポーツとして、趣味としてウォーキングをされている方はたくさんいると思います。
目標は1日1万歩。
すぐにムリ!といわずに
1日3000歩しか歩いてない人がいきなり1万歩も歩くのは確かにムリです。まずは1000ずつ平均歩数を増やしていきましょう。
普通に歩けば10分ぐらいで約1000歩ぐらいなので本当に小さな意識で1日の歩数は増えます。
少しずつ、少しずつ増やしていけば1万歩って以外と生活の中で達成可能な歩数だと思います。
30分以上の散歩、朝方に歩いた方が効果的、、ウォーキングマシンなどなど色々あの手、この手で歩く工夫あるとは思いますが、歩行数を増やしたければまずは万歩計じゃないでしょうか。
最近はスマホに標準でアプリが入っていることも多いので「自分の機種(iPhoneXperiaなど)+歩数+調べる」で検索すればたぶんおおよその歩数を知ることができます。

そして歩くことで得られるメリットはパッと調べるだけでもこれぐらいは出てきます。

  • 血圧が下がる
  • 血糖が下がる
  • 認知機能の維持
  • 心臓病の予防
  • ダイエット効果
  • 肩こり解消
  • 便通が良くなる
  • 骨が強くなる
  • アンチエイジング
  • うつ病の予防
  • 免疫力の向上
  • 登山の体ができる(重要!)


そのお供に歩数計。私はiPhoneでPOPOPOというアプリを使ってます。たくさんの歩数計アプリがあるのでストアでお気に入りを見つけて使ってみましょう。あとは消費カロリーや歩く速さなんかの細かいことは気にせずにとにかく歩く、歩く、毎日歩く!

トトロの歌のフレーズが大好きです。

"あるこう あるこう わたしはげんき
あるくのだいすき どんどんいこう"

自由自在に自分の身体を動かす基本は歩くこと。強く歩く、健脚者と言われると嬉しいです。


愛用の歩数計アプリ


歩数計 POPOPO
無料
(2018.09.10時点)
posted with ポチレバ

起動画面はこんな感じです。