山とミニマリズム

mountain & minimalism

山と時計とミニマリズム


デザイン?バッテリー?価格?


皆さんは山にどんな腕時計をつけていきますか?
現在の私のお供はSEIKOのアルピニスト(今日紹介するものより古いもの)ですが、購入当時はプロトレック、アルピニスト、スントのベクター(現在は廃番)でものすごく悩みました。
今日比較する3本の時計ははっきり言って機能(標高、温度、ログ記録、世界時計など)はどれも遜色ないレベルで違いは少ないです。極限地帯(エベレストとか)では違いもあるかもしれませんが、素人に毛が生えたレベルの登山家である私には少なくとも違いはわかりません。そもそも時間を確認をするだけであれば生活防水がついている時計でも十分です。
ではなぜ山で時計が必要なのか?GPSウォッチを連れていけばもっともっと山が楽しくなるからです。
登山中、方角の確認はもちろん、標高を見ながらあとどれくらい登るのか、上昇下降のスピードなどはペースの参考になります。
下山後には山行ログを見ると自分の歩いた記憶が視覚化できてニヤニヤして悦になれます。(ここすごく大事)

最近はスマートウォッチのバージョンも発売されていますが今回は自分の独断と偏見で代表的なGPSウォッチを選びました。
選んだのはCASIOプロトレック、SEIKOアルピニストSUUNTOトラバースになります。
さらに独断と偏見の下記3軸で比較してみました。

  1. デザイン・サイズ
  2. バッテリー
  3. 価格

比較したのは下記の3本



SUUNTO TRAVERSE Black
image:SUUNTO HP
上位モデルにミルスペックのアルファモデルがあります。




SEIKO PROSPEX ALPINIST SBEL001
image:SEIKO HP
デザインの違うバージョンあり




PRO TREK PRW-60YAE-1AJR
image:CASIO HP
プロトレックには様々なモデルがありますが、ダウンサイジングしてよりミニマリスト 的に魅力的となったこのモデルです。


1 デザイン・サイズ

TRAVERSE
シンプルなデジタルに正円のデザイン。
刻印や余計なデザインなどはほぼない。
ミニマリスト 的に魅力的。

ALPINIST
ベーシックなデジタル表示。ベゼル部分に各ボタンのアクションが印字され、全体的にややうるさい感じ。縦長な面構え。

PROTREK
アナログ3針と下部にデジタル表示さらにモード用の短針が左上に配置。ベゼル部分に都市の印字。G-SHOCKのようなゴツさは感じない。(G-SHOCKみたいなモデルもあります。)ダウンサイジングしただけあり綺麗にまとまっている。

個人的な評価ですが断然SUUNTOがカッコイイです。逆にアルピニストはもう少しなんとかなったんじゃないかと思わざる得ません。プロトレックは最初はなんだかピンときませんでしたが、コレはコレでありかなという感じになってきました、リュウズがカッコイイです。


サイズ(横×縦×厚さ 重量 )

TRAVERSE:50.0 × 50.0 × 16.5 mm/80 g 
ALPINIST :48.1 × 57.9 × 13.6 mm/73 g
PROTREK:47.2 × 50.5 × 13.3 mm/約69g

ダウンサイジングしたPROTREKが最小、最軽量。TRAVERSEは見た目通りデカイし太いです。その辺が気になる人は無理かもしれません。
私は今アルピニスト(別デザイン)を使っていますが、腕を動かした時に結構ボタンに干渉して表示が変わってたりします。

2 バッテリー

TRAVERSE
タイムモードで14 日間
GPSを使用するトレーニングモード 10, 15, 100 h

ALPINIST
駆動方式 ソーラー
駆動期間
フル充電時約5ヶ月間
パワーセーブ時約20ヶ月

PROTREK
フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間
機能使用の場合:約6ヵ月
パワーセービング状態の場合:約25 ヵ月

参照:それぞれHPの仕様から

バッテリーについてはPROTREKとALPINISTはソーラー電池なのできれる心配はありません。TRAVERSEはGPSの高頻度受信だと最短10時間しか持たないと泊まりの山行などは心もとないです。これがTRAVERSEの最大のデメリットです。当時自分がSUUNTOの時計(当時はベクター)を選ばなかった理由もバッテリーにありました。

3 価格(税抜)

TRAVERSE:43000円
ALPINIST:44000円
PROTREK:57000円
※2018年8月末現在

売店によりますが定価ではTRAVERSEが一番安く、PROTREKが一番高い。

まとめ

デザイン的に圧倒的にオススメはTRAVERSE。存在感は抜群でいわゆるインスタ映えも◎。バッテリーが心配な人はPROTREKかALPINISTになりますがコストを少しでも安くしたい人はALPINIST、気にしない人にはPROTREKになるでしょうか。

私のオススメはSUUNT TRAVERSE Blackです。バッテリーに目をつぶってもやっぱり街でも使えそうなデザインと考えるとコレです。今使っているSEIKOアルピニストは山ではガンガン使うのですが、私服の時につけようという気が起きません…。

これらのGPSウォッチ達は登山を楽しくしてくれる機能にはどれも遜色ないので、好みのデザインやカラーでいっぱい悩んで、納得の一本を手に入れてください。





試着した感じ大きくて存在感抜群です。


⬇︎今日比較してみた時計
(価格はかなり差があります)

SUUNTO TRAVERSE Black


SEIKO PROSPEX ALPINIST SBEL001

CASIO PRO TREK PRW-60YAE-1AJR

プライバシーポリシー